引越し業者比較
  1. ホーム

引越し業者は比較すると安くなる!

引越し業者比較の見積もりサイト口コミ1位【引越し段取り必見】では、引っ越し料金をできるだけ安く、そして優良な引っ越し業者の選び方を紹介しています。

これまで「アパート」⇒「一戸建て」⇒「マンション」と合計2回の引っ越しをしました。
1回目のアパートから一戸建てへの引越しでかなりの損を経験したのです。
見積りでは5万円と言われたのに、引っ越し作業後に言われたのが追加料金。
(・・・マ、マジ?!汗)
意味の分からない追加料金を4万円請求され、合計9万円支払いました。
このショックはしばらく引きずりましたが、これが2回目の経験に生かされたのです。

1回目は広告と電話帳で調べた引越し業者で、その1社のみしか見積りを取らなかったの足元を見られてしまったのです。引越し業者の料金というのは明確ではないことが経験でわかりました。

ですので、2回目は複数業者との比較をしました。
1社よりも3社以上見積りを取ることで相場を知るということが引越しではとっても大切なのです。2回目の引越しの時は、インターネットを活用し3社に見積りを取りました。

その結果、最安値で引越しができ余裕資金で旅行に行くことができました!
やっぱり比較は大切だなーと思った引越し体験です。
5万円安くなるだけで生活費も楽になりますし、他のものにお金を使うことができますよね。ということで、もし引越しを考えているのでしたら、インターネットの引越し業者を比較で最安値の業者を見つけましょう。

 

引越し業者の見積り比較で失敗しないコツ

引越し業者を選ぶ時に一か所だけではなく複数から見積もりをもらって料金を比較してみるのが、引越しを安くすませるための基本的なことになります。
その見積り比較の時に気をつけないといけないのが、選ぶ基準を料金だけにしないということです。
安ければ安いほどいいと思うかもしれませんが、料金以上に見積り比較をする時に大切なのがどんなサービスをしてくれるのかということです。
料金が安くても規定の作業以外のことが発生したら別料金になるということも珍しくありません。

また料金はほかと比べて高い場合でも、ダンボールなどの荷造りに必要なものなどがある程度は無料でもらうことができるサービスがあったりと、引越し業者ごとに作業内容やサービス内容が違っていたりするので、そういったことを確認して総合的に選ぶのが失敗しないコツになります。

引越し業者を選ぶ時に失敗しないコツは、やってもらいたいことや運ばなければいけない物などをしっかりと相手に伝えるということです。余計なことを言うと料金が高くなってしまうのではと思うかもしれませんが、最初に自分の希望などをきっちりと伝えてそこから割引サービスを受けられるように交渉するのが料金を安くするコツです。

引越し業者は大手だから安心とか地元密着だから安いとは一概には言えません。
それぞれ特色があって、サービスの内容も違いますから、自分がする引越しの内容によって引越し業者を決めましょう。

引越し業者を探す時に失敗しないコツは、見積もり比較をしても料金だけに惑わされないこと、やってもらいたい作業内容や荷物の量をきっちりと伝えること、そして自分の引越し内容にあったプランを選択するということです。

 

引越し業者の特徴と料金について

“引越し業者には種類がありそれぞれによって特徴や料金が異なっています。
はじめに引越し専門業者ですが、専門にしているだけあって充実の設備が整っています。さらにはスタッフの技術も高い為、質の良い引越しができるはずです。

オプションで梱包から開梱、部屋の整理なども行ってもらうことができますので自分で何もせずとも引越しができるという魅力もあります。ただし、サービスが充実している分、費用は高めのことが多いです。
続いて兼業業者がありますが、運送会社の中には引越しサービスも行っているところがあり依頼することができます。

兼業ということもあって専門業者ほどの設備はありません。それでも最低限の設備は用意されていますし、運送の路線を利用することによって比較的リーズナブルな料金体系になっているのが魅力です。しかしながらスタッフの質にムラがあったりしますので当たり外れの可能性があります。

最後に軽貨物の引越し業者についてです。この業者はその他と比較して毛色が異なり、基本的には1名のスタッフしか来ません。そして業者に全てを任せるといったことはできず、依頼主も一緒になって作業をしなければいけないことがあるのです。

要はサポートとして手伝ってくれるような業者であり、多少の手間が必要になる引越しでも構わないという方向けです。なお、作業は軽トラックを利用して行うことになりますので大量の荷物があると利用が難しいです。

その為、単身引越しを中心によく利用されています。料金としては最も安く済む可能性があります。特に近距離の引越しならダントツにリーズナブル。ただ、県外まで行ったりする場合ですと却って割高になることがありますので、規模の小さい引越し用と考えておいた方が良いでしょう。

 

引越し業者は比較するほうが得をする?

引越し業者に頼む場合、比較することもなく依頼される方もいるかもしれません。そうそう引越しをするものでもなかったりしますから業者ごとの料金の違いについて詳しくなかったり、有名なところに頼めば失敗はしないという考えを持っている方も少なくないでしょうから比較は特にしないということもあるはず。しかしながら比較を疎かにしてしまうと時には大きな損をしてしまう可能性があるのです。
そもそも引越し業者によって料金設定はかなり違っていることがあります。何万円も差が付くのは珍しくなく、適当に選んでしまうことによって大きな損をしてしまうことがあるのです。できれば得する引越しをしたいものですが、その為にもしっかりと比較をしてから依頼先を決定するようにしましょう。
でも比較をするのは面倒に感じてしまうものです。見積もりを出してもらう為に何社にも相談をするのは大変ですし、さらにはどんな業者があるのかも探したりする必要がありますから手間ですよね。
ところがそんな手間を掛ける必要は実はないのです。もっと簡単に比較ができる方法があります。それは一括見積もりサービスを利用するやり方ですが、このサービスを活用すれば簡単に比較を行え、そしてお得に引越しを頼むことができる業者を楽に見付け出すことができます。
使い方はとても簡単。引越し先や荷物の量などの情報を入力して申し込みをするだけで、あとは加盟業者から見積もりについての連絡が入ってきます。そして見積もり内容を比較してお得に頼めそうなところに正式に依頼するだけです。たった一度の申し込みをするだけで簡単にベストな引越し業者を選ぶことができますから手間を掛けることなくお得な引越しをすることができるのです。

 

引越し業者のお得なプランについて

引越しをするとき、できるだけお得なプランで引越ししたいとは誰もが思うものです。ですが、その各社お得なプランを一つ一つ見つけていくのはとても難しいものです。
ですからネットの比較サイトなどで引越し業者のそれぞれの価格を把握してみましょう。同じ引越しをするにも見積もりで金額に差が出てきますから、その差が何なのか探ってみるといいでしょう。

単身者であれば単身者専用の単身パックなどがあれば良いですし、家族で引越しするのであれば家族向けのファミリーパックなどを利用するのもいいでしょう。

それぞれ不必要なものは省き、必要なものがプラスされているのでとても選びやすく、費用的にもお得だと感じることが多くなるでしょう。そしてお得なプランというのは引越しシーズン外に多く提供されるので、引越しをする時期を選べるのであれば、引越しシーズン外を狙って利用するといいでしょう。

利用者が多いような時は引越しのトラックも不足するようなこともありますし、お得なプランを出さなくても利用者が多いようなこともありますから、あまりお得なプランが出ないこともあります。ですからできるだけ費用を安くしたいなら、繁忙期は避けるようにしてもいいでしょう。

また、忙しく引越し準備に時間がかけられない人であれば、荷物を詰めてくれるプランを利用してもいいでしょう。費用的にはプラスされる部分も出てきますが、時間と手間を省けるので、忙しい人であれば利用したほうがお得になることもあります。

引越しはただ単に料金が安くても、アフターフォローがついていなかったり丁寧な対応ができない状況であれば納得して引越しを終わらせることができません。ですから自分の引越しにあったお得プランを見つけるようにしましょう。

 

引越し業者は大手と個人どちらが安くなるの?

引越しを頼める業者には種類がありますが、ここでは大手業者と個人業者について見てみましょう。それぞれの引越し業者にメリットがあるものの、特に気になるのはやはり費用面についてですよね。どちらの方がお得になるのかは条件によって違ってきます。

例えば荷物の量が沢山あり、引越し先も遠方の場合ですと大手業者の方が安く済む可能性があります。ネットワークが充実していたり、大型のトラックも用意しており規模の大きな引越しにも対応できるシステムがありますのでコストも最小限に抑えられるのです。コストが小さい分、遠方だったりする場合でもそこまで極端に金額がアップすることは少ないです。

一方の個人業者の場合、荷物が少なく近距離の場合ですと大手業者と比較するとかなりリーズナブルに済ませることができます。比較的規模の小さい引越しに強い業者ですから、大手と比べると何万円も差が付くことがざらにあります。

ただし、荷物が多かったり遠方への引越しにも関わらず個人業者に依頼する場合ですと一転して割高になってしまうことがあるのです。大手業者のようなコストダウンができるネットワークはありませんし、また、トラックのサイズも小さい為に荷物の量が多いと2台以上用意しなければいけないといったことがあり、その分費用も高くなります。
ですから県外へ行くような引越しですと極端に費用が高く掛かってしまうことがあるのです。
どちらの方が安くなるのかはケースバイケースと言えますので、引越しの規模に合わせて適した方を選ぶようにした方が良いでしょう。なお、個人業者に頼む場合ですと自分でも荷物を運ぶ必要があったりする為、単に料金の比較だけでなくサービス面も踏まえて考える必要があります。

 

引越し業者の見積り後、契約せずに断っても大丈夫?

進学、就職、転職、転勤など人生においては転換期となる時期があります。そんなときには、住まいを変えることだってあるのです。
そんなときに頭を悩ませるのは引越し業者の選定です。

料金やサービス内容など選ぶポイントはいくつもありますが、ひとつ言えるのは後悔しないように慎重に選ぶことが大事です。
でも、比較するためにはそのための材料が必要となります。
そこで引越し業者にやってもらうのが見積りです。

荷物の量や移動距離などを伝えて、どのくらいの費用がかかるのかを見積もってもらいます。

同じ条件で見積りをしてもらっても、引越し業者ごとに料金体系、サービス内容と言うのは異なりますから、結果も異なってきます。
そうして、最終的に納得出来る内容の見積りを出した引越し業者に決めるという流れになります。

問題は、比較をするのであれば複数の引越し業者に見積りを依頼するわけですが、見積りをして契約しなくても大丈夫なのかということです。

もちろん、1回の引っ越しで複数の引越し業者と契約することなんてできませんが、見積りをすれば契約しなければいけない義務があるのではないかと不安を抱く方も少なくないのです。
結論から言ってしまえば、そのようなことはありません。
あくまでも、見積りはそれ以上のものではないのです。

それでもなお、契約を強要するようであれば、それは明らかなる違法行為となります。
強引な手段に働きかけるようであれば、警察に相談をするべき事案となります。
また、キャンセル料などを要求してくる場合も同様です。契約をしているわけではないのですから、一銭も払う必要はないのです。

そんなことにならないためにも、まずは無認可の悪徳業者を排除するために、引越し業者が運送業の認可を受けている正規の業者かどうかを確認する事が大事です。

 

引越し業者に騙されないためにすべきことは何?

あとで引越し業者に騙されたと後悔しない為にもチェックしておきたいポイントがあります。

まず大事なのが料金面についてですが、必ずいくつかの業者から見積もりを出してもらうことが大切です。悪徳業者の中には例えば、「どこでも似たような費用ですよ」、「この辺ですとウチが一番安いです」などと営業トークをしてくることがありますが、それを信じて迂闊に頼んでしまうと失敗します。

探せばもっと安い引越し業者が見付かることもありますし、そのような嘘をつく業者は信頼性もないものですから、失敗しない為にも他の業者の見積もりも確認しておくようにしましょう。

キャンセル料について確認をしておくのも騙されない為のポイントです。仮に当日にキャンセルをすることになった場合、業者によっては、「費用を全額お支払い頂きます」という対応をされるかもしれません。

当日のキャンセルですと仕方ないと思ってしまいそうですが、ところがそれは違法なのです。引越運送約款というものが存在し、そこには前日のキャンセルは10%以内、当日のキャンセルでも20%以内までしか請求できないことになっています。それにも関わらず全額のキャンセル料と決めているようなところは注意しなければいけません。

もしもの際の保険について確認をしておくことも大事です。人が行う作業ですからもしものことはあり得ますが、きちんとしたところですとしっかりと保険に加入し、保障も受けることができるはずです。ところが良くない業者の場合は保険がうやむやになっていることがあります。

もし保険について確認をした時に、「丁寧に作業をしますので大丈夫ですよ」などと曖昧にされるようなことがあったら要注意です。口だけの可能性がありますから保険についてきちんと説明をしてくれないところは避けた方が無難です。

 

引越し費用がどれくらいかかるのか調べるには?

私の仕事の関係上、転勤はつきものです。
そのたびに、引越しをしなければなりません。
いまや、すっかり慣れてしまい、かなり要領がわかってきました。
とりわけ、引越し費用を安く上げる方法については、相応のスキルを身につけたと自負しています。

引越し費用の決め方ですが、今の住居か引越し先までの移動距離と、運ぶ荷物の量、時期などのファクターによって金額が決まってくるのです。
また、家具や本だけを運ぶのではなく、エアコンの設置や撤去、ピアノの運搬などを要請すると、別途に料金が発生するのが通例です。
ですから、個別事情によって引越し費用というのは異なってきます。

とはいえ、概算の費用を知りたいと考える人は多いことでしょう。
おおよその費用が幾らぐらいかかるかを調べる方法としては、ネットでよく見られる一括見積もりサイトです。
求められている情報を画面に入力していくだけで、複数の業者からの概算見積もりが出てきます。

これによって、料金相場を知ることができるのです。
1社だけの見積もりですと、高いのか安いのか判断がつきません。
そこで、複数の業者の見積りを調べることが重要になってきます。
一括見積もりサイトを利用しますと、引越し費用の相場は、業者によって大きく異なっていることがわかります。

さらに言えば、同じ業者であっても、1年を通していつも同じというわけではなく、忙しいときと仕事の少ないときとでは、引越し費用が全く違っています。

よく、土曜日や日曜日、祝日は高くなると言われていますが、たまたまトラックや人が空いていたら、平日並みの安い費用で引越しを受けてくれることもあります。

自分の家の事情をしっかりと把握した上で、最も安価な見積りをとるようにするの
が得策です。

 

家族4人の引越し費用の相場はいくらぐらい?

引越し費用とは、下見で正確な料金が出るものです。荷物の量や移動距離、時期、時間帯、その業者の運搬手段の都合で相乗りが出来れば安くなったりと、引越し費用はこれらの条件が絡んで複雑に変化するため、必ず見積もりを取ることになります。

家族4人での引っ越し費用の相場は、転勤や進学などが多い繁忙期(3月~4月)で約145,404円、通常期(5月~2月)で約104,000円くらいとなっていますが、これらはあくまでも目安です。移動距離が大きければ、費用はぐっと変わります。この料金はおおよその平均ですので、これ以下で済んだ人もいるしこれ以上費用がかさんだ人もいるわけです。

なるべく引越し費用を抑えるためには、一社のみではなく必ず複数社に見積もり依頼をすることが重要です。その場合は、実際に下見に来てもらったほうが、荷物の量・住宅周辺に入ることの出来るトラックの大きさなどの判断基準も加わり、おおよそ正確な見積もり料金を出してもらうことが出来ます。

また、複数社への相見積もりは、今回の家族4人分の引越し費用のだいたいの相場を把握することが出来るのです。各社の提案する条件なども比較しやすくなりますし、同じ条件で料金が違う場合は、値下げ交渉の検討判断をする材料が増えることになります。
家族4人分の荷物となると、単身者のそれとはだいぶ量が違ってきます。

年々成長する子供のものは、新しいものも増えていくため不用品もかなり溜まっているはずです。見積もりの下見に来てもらう前に不用品チェックと処分をすることで、料金加算される荷物の量を出来るだけ減らしましょう。

下見までに粗大ゴミの引き取りなどが間に合わない場合は、新居に持っていくものなのか、処分するものなのかということだけでも判断させておくことが効果的となります。

 

引越し業者の一括見積りは本当に安くなるの?

引越し費用は節約できた方が助かるものですが、そこで役立つとされているのが一括見積。今ではよく宣伝されていますので気になっている方もいることでしょう。ただ、気になるのが本当に安くなるのかどうか。

では一括見積がなぜ安くなるのかと言えばその理由は業者同士の競合が生まれるのが一番の理由です。

各業者に個別に見積を頼む時と違い、一括見積の場合は複数業者に同時に見積依頼を出せるのが特徴ですが、そうするとお互いの業者が他社よりも安値を提示しようと努力してくれるのです。それもそのはず、引越し費用を安く抑えたいという方が多いわけですから業者の方も少しでも安くして選んでもらおうとします。

こうした競合が生まれることによって低料金の見積もりを出してもらうことができますし、どこがお得な引越しをしてくれるのかも簡単に知ることができるはずです。

なお、一括見積を利用した場合、最初から安値を提示してもらうことができますので、安いところを選んで業者選びを完結することもできますが、しかしながら交渉をしてさらに安値にできる場合もあります。

それぞれの業者は他社がどのような見積もりを出しているのかは分かりませんのでもっと安いところがあると相談をすればもう少し値引きをしてくれることがあるのです。その為、時には正規料金の半額程度にまで値引きがされることがありますからより格安の引越しを行うことができます。

ちなみに私も引越しをする際に一括見積を利用した経験がありますが、本当に安く引越しができてとても助かりました。当初の予定よりも10万円近くも安く抑えることができましたし、業者の比較の手間も掛からずにとても便利に感じました。こんなに役立つサービスが無料で使えるのも有難いですよね。

 

単身赴任の引っ越し料金の相場はいくらぐらい?

単身赴任の引っ越し料金の相場は、およそで言えば5万円から10万円といったところでしょう。もちろん、荷物の量と運搬の移動距離によって変わってきます。

もう一つ、大きな要素となるのは、繁忙期と平常期の関係です。引っ越しの場合、繁忙期というのは3月と4月で、この2か月はサラリーマンの転勤が多いことと、学生の入学移動の関係があって、どうしても集中してしまうため、料金は、5月から翌年2月までの間の平常期の2割から3割くらい、割り高になってしまいます。

移動距離は、20キロメートルに満たない場合と200キロメートルから300キロメートルの間の場合では、ほぼ倍額くらいの違いが出ます。300キロメートルを超える場合は、個別設定でかなり割高になります。
これらはいずれも、自動車での運送を前提とした計算となっています。

では、料金を下げる工夫はないかということですが、いくつか方法があります。
まずは、荷物を減らすことがポイントです。運送の場合、荷物を載せる自動車のトン数が基本ですから、できるだけ小型で済むように工夫することです。要らない荷物は捨てる、誰かに譲る、リサイクル屋に引き取ってもらうなどで、使う可能性が少ないものなどは処分することを、いい機会と考えて実行することです。

次が、大型荷物がないかどうかによりますが、ダンボールですべて荷造りできそうであれば、宅配便で済ますことも視野に入れることです。
業者によっては、単身赴任パックというサービスもしているので、これも検討対象にするといいでしょう。

また、人によっては冷蔵庫など家電製品を購入して運搬する人がいますすが、これは現地で購入する方が格安の場合もありますし、中にはレンタルサービスという便利な制度もあるので、総合的に検討するのが何よりもいいのです。

 

引越し費用を抑えたい場合、何をすればよい?

引越し費用を抑えたい場合はまずいつ引越すのかということと、どこの業者に依頼するのかによって引越し費用に数万円の差が生じてきてしまいます。

やはり4月等の引越し需要が必然的に高まる時期は料金が高くなります。もちろんこれは引越しの際の移動距離の長さや荷物の量の多さによって差が生じない場合も一部ではありますが、ある程度離れた場所に引越しをする場合は引越し費用を考慮した方が良いでしょう。では実際にどこの業者が良いのかということですが、まずはインターネットで引越し料金の一括見積もりサイトにアクセスして料金の比較をしてみることをお勧めします。というのも、引越し費用を抑えるにはまずそもそもの相場を知らなければいけません。

そのためには複数業者から見積もりを出してもらって業者間で比較をしてみるのが一番なのです。そうするとA社では費用がかかっていたけれでもB社では無料でやってもらえるのか、という作業項目に気づいたり、段ボールを無料で付けてくれる場合とそうでない場合があるのか、ということまでわかる場合があります。

こういう細かいところまでわかってくると逆に高い場合にどうしてこんなに高いのかということに疑問を感じることができるようになってきます。

そうしたら今度は業者に対して値引き交渉が行えるようになります。その業者だけ高い部分があると今度は納得できなくなってきますから見積もり比較をすることがいかに重要であるのかがわかります。

無事に業者が決まったら次にチェックすべきポイントは、下見の時に業者さんが自宅までやってきて荷物の量を確認して実際に見積もりを出してくれるタイミングです。

ここで気をつけたいのはただ単に料金が安いからと言って即決しないようにすることです。必ず複数の業者に下見をしてもらって後日こちらから連絡するようにしてください。

 

初めての引越し何から始めると良いのか詳しく知りたい方へ

生活する環境の変化に伴い引越しすることは良くありますが、初めてだと何から手を付けていいか迷いますよね。
一番最初にすることは、引越しの日時を決めることです。

ポイントは、引越しでは不用品が次から次へと出てくるので、粗大ごみ・不燃可燃ごみの日を無視した引越し日だと荷物が増えて新居での邪魔になるので、それを考慮した日を決めます。

引越しの流れとしては、まず引越しの日を決めたら電気・水道・ガスなどライフラインの使用停止と新居での開始の手続きの連絡をします。
特にガスは開栓に立ち合いが必要なので、予約が取れないとお風呂に入れない恐れがあります。
次に業者に連絡し、希望の日時に見積もりの予約を取ります。
予約が取れたら、その日までに不用品を徹底的に選別して荷物を少なくします。
荷物が増えれば増えるほど使用するトラックは大きくなり、作業員の手間も増えるので料金は高くなります。

業者を選ぶときに引越し見積もり一括サイトを使うと、各社の料金が一目瞭然でとても便利ですが、あとから営業電話がガンガンかかってきてお断りするのに苦労しました。
時間がない・電話が煩わしい時は使わない事をおすすめします。

料金はできるだけ安くしたいので「ネットの口コミで一番安くて丁寧だと読んだから、あなたの会社にしか電話していない」と伝えると、高確率で見積もり料金が安くなりました。
今の時代、ネットで他社の見積もりが簡単にできるので、あとで騙されたと口コミを投稿されると困るからだと思います。

以上が済んだら、次は掃除と壊れている個所の補修をします。
タンスや冷蔵庫の下は非常に汚れているので、あらかじめ掃除しておくと当日スムーズだし壁紙のちょっとした剥がれ・インクの染みなどを直しておくと余計な出費を抑えられます。
やることが沢山あるので、慌てないようにしっかり準備しましょう。

 

引越し業者比較をすると複数の料金がわかるので便利

引越し業者を探す場合、電話していろいろ話して決めていくと必ず業者のペースで進んでいくことが多いので知らず知らずに高い価格での引越し料金になってしまいがちです。

それに、電話で話す時間がとてもながくなるため、大切な時間を奪われてしまうわけです。

まだ業者を決めていく段階でこんな時間の使い方はもったいないですよね。
業者もお客さんの方から電話をかけて来てくれるものだから、まさに蜘蛛の巣に引っかかったような状態です。

それを解決できるのが引越し業者を比較し複数の業者の見積りが取れる
インターネットで行える「無料一括見積サービス」です。

引越し料金の無料一括見積サービスを活用すると、そこに登録している複数の業者から無料で見積りがとれるのです。
そして、それらの業者の中から一番安い引っ越し料金を知ることができます。
(まさに使わない手はありません!)

見積りでは、引越し業者にお願いするであろう荷物をフォームでチェックして
おおよその金額を知ることができるので、事前に引っ越しの準備がスムーズになります。

また自分で運ぶ荷物と業者にお願いする荷物をどれにするか
考えるきっかけにもなりますので引越し業者の無料一括見積サービスは使わないと損ですね。

 

引越し業者ってどこも同じだと思っていませんか?

引越し業者って大手から地域密着までいろいろあるけど、みんな同じでしょう?と思っている人は、私の1回目の引越しと同じように大損する可能性が高いです。

引越し業者はピンからキリまで、いろんな業者があります。
中には悪徳なことを考えている業者さえいるものです。
特に引越しする日の直前などに業者に依頼したら、まさに足元をみてきますので業者の言いなりになってしまう可能性が高いです。
値引きを交渉しても、嫌なら他に頼んでくださいと突っぱねる業者もあります。

そんなドロドロな状態になるのは嫌ですよね?苦笑

しかし、当サイトで紹介している引越し見積りサイトでは、
悪徳業者は一切排除しているため、優良業者の中からさらに良い業者を
選ぶことができるサービスです。

引っ越し料金を安く、良い業者に依頼したい方にピッタリです。

 

つまり、引越し業者の無料一括見積りって?

・引っ越し業者が出す見積額を比較できる。
・優良業者の中からさらに良い業者に依頼できる。
・無料で引っ越し料金の見積りが取れるので予算を組みやすい。
・親切で丁寧なサービスを受けることができる。

大切な時間を使って、苦労して業者に1社1社やり取りするよりもネットで1回の入力で複数の業者に一斉見積り取れる方が断然早いし、スムーズに物事が進むことは明らかです。
このようなサービスは活用しないともったいないですね。

また引越しの多い時期は料金も値上がりしやすくなると一般的に言われていますが、確かに忙しい時期は対応できない引越し業者もでてくるため、複数業者の比較がしにくくなる場合もあります。
ただし、それは自分で広告や新聞で探す場合のことです。

ネットでは業者が登録していますので、他の人が高い料金を支払っている時期にあなたは最安値の引っ越し料金で依頼することができるのです。

これも、無料一括見積サービスの強みだと思います。

引越しをされる方の多くが活用する理由もここにあります。
やはり、引っ越し後の生活費に響くことを考えれば、
今、見積りを取って検討しておくことが大切ですね。