1. ホーム

引越し業者の比較ガイドで見積りするとお得に!

 

引越し業者を1社だけで決めようとしていませんか?

 

引越し業者の比較ガイドでは、引っ越し料金をできるだけ安く、
そして優良な引っ越し業者の選び方を紹介しています。

私も「アパート」⇒「一戸建て」⇒「マンション」と合計2回の引っ越しをしました。
1回目のアパートから一戸建てへの引越しでかなりの損を経験したのです。
見積りでは5万円と言われたのに、引っ越し作業後に言われたのが追加料金。
(・・・マ、マジ?!汗)
意味の分からない追加料金を4万円請求され、合計9万円支払いました。
このショックはしばらく引きずりましたが、これが2回目の経験に生かされたのです。

1回目は広告と電話帳で調べた引越し業者で、その1社のみしか見積りを取らなかったので足元を見られてしまったのです。
引越し業者の料金というのは明確ではないことが経験でわかりました。

ですので、2回目は複数業者との比較です。
1社よりも3社以上見積りを取ることで相場を知るということが
引越しではとっても大切なのです。
2回目の引越しの時は、3社に見積りを取りました。

ですが、1社1社電話して見積りを取ったわけでありません。
3社を一括して引っ越し料金の見積りを取れるサイトを活用しました。

 

引越し業者を複数比較できるので便利

引越し業者を探す場合、電話していろいろ話して決めていくと
必ず業者のペースで進んでいくことが多いので知らず知らずに
高い価格での引越し料金になってしまいがちです。

それに、電話で話す時間がとてもながくなるため、
大切な時間を奪われてしまうわけです。

まだ業者を決めていく段階でこんな時間の使い方はもったいないですよね。
業者もお客さんの方から電話をかけて来てくれるものだから、
まさに蜘蛛の巣に引っかかったような状態です。

それを解決できるのが引越し業者を比較し複数の業者の見積りが取れる
インターネットで行える「無料一括見積サービス」です。

 

引越し業者を比較することで一番安い引っ越し料金がわかる

引越し料金の無料一括見積サービスを活用すると、そこに登録している複数の業者から無料で見積りがとれるのです。
そして、それらの業者の中から一番安い引っ越し料金を知ることができます。
(まさに使わない手はありません!)

見積りでは、引越し業者にお願いするであろう荷物をフォームでチェックして
おおよその金額を知ることができるので、事前に引っ越しの準備がスムーズになります。

また自分で運ぶ荷物と業者にお願いする荷物をどれにするか
考えるきっかけにもなりますので引越し業者の無料一括見積サービスは使わないと損ですね。

 

引越し業者ってどこも同じだと思っていませんか?

引越し業者って大手から地域密着までいろいろあるけど、みんな同じでしょう?と
思っている人は、私の1回目の引越しと同じように大損する可能性が高いです。

引越し業者はピンからキリまで、いろんな業者があります。
中には悪徳なことを考えている業者さえいるものです。
特に引越しする日の直前などに業者に依頼したら、まさに足元をみてきますので
業者の言いなりになってしまう可能性が高いです。
値引きを交渉しても、嫌なら他に頼んでくださいと突っぱねる業者もあります。

そんなドロドロな状態になるのは嫌ですよね?苦笑

しかし、当サイトで紹介している引越し見積りサイトでは、
悪徳業者は一切排除しているため、優良業者の中からさらに良い業者を
選ぶことができるサービスです。

引っ越し料金を安く、良い業者に依頼したい方にピッタリです。

 

つまり、引越し業者の無料一括見積りって?

・引っ越し業者が出す見積額を比較できる。
・優良業者の中からさらに良い業者に依頼できる。
・無料で引っ越し料金の見積りが取れるので予算を組みやすい。
・親切で丁寧なサービスを受けることができる。

大切な時間を使って、苦労して業者に1社1社やり取りするよりも
ネットで1回の入力で複数の業者に一斉見積り取れる方が断然早いし、
スムーズに物事が進むことは明らかです。
このようなサービスは活用しないともったいないですね。

 

引越し業者の料金見積りを取るなら今がチャンス!

引越しの多い時期は料金も値上がりしやすくなると一般的に言われていますが、
確かに忙しい時期は対応できない引越し業者もでてくるため、複数業者の比較が
しにくくなる場合もあります。
ただし、それは自分で広告や新聞で探す場合のことです。

ネットでは業者が登録していますので、他の人が高い料金を支払っている時期に
あなたは最安値の引っ越し料金で依頼することができるのです。

これも、無料一括見積サービスの強みだと思います。

引越しをされる方の多くが活用する理由もここにあります。
やはり、引っ越し後の生活費に響くことを考えれば、
今、見積りを取って検討しておくことが大切ですね。